新生活の寝具選び【1】敷きふとん編

単身赴任のお父さん。初めての一人暮らしをする社会人1年生。期待に胸を弾ませている大学生。

新生活の準備をはじめましょう。

 

1番最初は、住むところ。

そこが決まったら、さあ寝具をそろえましょう

今、あるのを持っていくから。という人も多いでしょう。が、ちょっと待ってください。

たまの休みに実家にもどる。

長期休暇のときには家族とともに。

そんなこともありますよね?そうすると、その時に自分のふとんがないのでは、リラックス度が低下してしましいますよね。

だから、新生活をはじめるのにあたって、やっぱり寝具もそろえてしまいましょう。

 

『敷きふとん』  掛け布団編はこちら

敷き布団の種類は、今本当にふえました。お店にもふつうのでいいのでほしい。という方が大勢みえますが、敷き布団にふつうはない。断言できるほど種類が多いです。

 敷き布団は、生活の仕方、体型で考えていくといいですね。

 

 布団を干すことが大好きな方は。。。綿の布団は干さないとダメなふとんですので、おススメします。

                  バンバン干してください。

                  (ただ、綿のおふとんは、3年で打ち直しをする。という手間と

                  お金がかかり、ほかにも、ダニがわくという弱点もありますので、

                  当店ではおススメしておりません)

 

 布団を干す暇がない。

 低価格なものがいいという方には。。。羊毛3層敷き布団がおススメ。

                    素材は羊毛とポリエステルの混合。これは、湿気をためないのでい                   干す必要ありません。

                   プロファイル加工がしてあると寝心地もグーでしょう。

 

 熟睡したい、という方には。。。体型、体重によって選ぶことができる健康敷き布団がおススメ。

                極端な例だと、お相撲さんが私たちが寝るような布団でいいのか?

                ということです。これは極端ですが、体型、体重で寝具は違いますよ。

                東京西川の基準は70kgです。参考までに。

 

大きく分けても、羊毛の敷きふとん、合繊繊維の敷きふとん、低反発の素材などまだまだあります。

素材はよく吟味してください

蒸れないこと。湿気をためないことを考慮してくださいね。

 

敷き布団は、明日を左右する大切な寝具です。

できることなら、実際に寝てみることをおススメします。

 

 

PAGE TOP