羽毛のクリーニング&羽毛を補充する

今日から衣替え。

1歩づつ着実に冬へと近づいている日々ですが、お布団の用意はどうでしょうか?

 

羽毛布団を出してきるにはまだ早いわーと思っている方も、ちょっと事前に見ておくことをおすすめします。

最近当店にも、丸洗いのご注文がよくはいるようになりました。

 

今日は、先週、丸洗いをお受けした美濃加茂市在住のTさんのおふとんが、業者からきれいになって戻ってきましたので、襟元のへたりがないかをチェックしました。

 

10年以上お使いになった羽毛ふとんは、人の皮脂やらで中の羽毛まで汚れが浸透しています。

きじごと洗う丸洗いでは、中身の羽毛が買ったときのふわふわに完全に戻ることはありません。

特に汚れが付きやすい襟もとはほかの部分に比べてへたりやすいんです。

そこで、夢幸望ハヤカワでは、このへたった襟もとに新しい羽毛(ホワイトグースの最高級)を40グラム補充することを当店でやっています。

 

Tさんのおふとんも補充が必要だったのでこれから、補充していきます。

  補充の行程

これが補充する羽毛です。

ひとますにこんなに入れます。

ボリュウム満点です。

 

 

羽毛ふとんの端をあけて、ここから掃除機の逆パターンの装置で羽毛を吹き込んでいきます。

羽毛の補充は私の担当です。

ますの中に均等にはいるよう、ちょっと気を遣います。

はい、全部入ってしましました。

空気の力で羽毛が吸込まれていきますが、羽毛ほど軽くないゴミはここに残すように吹き込んでいきます。

当店の扱っている羽毛はこの時に ゴミがほとんど残りません。

それも気持ちよく羽毛ふとんを使ううえで大切なこと

このゴミは夾雑物(きょうざつぶつ)といって、匂いやアレルギーの原因になることもあるんです。

こうして襟元の2ますに羽毛を補充しました。

これでまたしばらくふんわり羽毛を堪能できますね。

 

あとは、口元を閉じて完成です。

 

ふっくら、きれいなふとんに生まれ変わりました。

PAGE TOP