羽毛のクリーニング

朝晩、めっきり寒くなりましたね。そろそろお布団もボリュームのあるものがほしくなりませんか?

日本は四季がはっきりしているので、おふとんもそれに合わせて、夏用の薄いものと冬用のボリュームのあるあたたかいもの、そして、そのどちらでもない、春と秋用のものを一枚持たれるととても快適にねむれますよ。

 

あと、1か月もしないうちにきっと、羽毛ふとんを押入れから出してくることでしょう。

この時期当店に来店されるお客様におききすると、今日から使おうと思ったその時に、ああーー(がっくり)ってことが多々あるようです。

襟元のシミが気になる。。。匂いがする。。。羽毛が飛び出していた。。。

本当は、春先、しまう前にチェックするとよかったんですが、大丈夫まだ対処方法はあります。

 

見て見ぬふりをして1シーズン使うのは、賢くない選択です。

本格的な冬になる前にぜひ、行動しましょう。

 

先日お見えになったお客様はクリーニングをしてください。と来店されました。

国道沿いの”おふとんクリーニングできます!!”の看板にひかれたけど、やっぱり専門店で相談してからと当店にみえたそうです。それが大正解でした。

シルクの側地にきれいな刺繍がしてある立派なものでした。が、このシルクの側地が実はくせもの。

使う時は、とてもなめらかで気持ちいいんですが、綿よりも弱いんです。

当店では、クリーニングを受ける際、裏表すみずみまで、チェックするんです。だからこそ見つけることのできた小さい穴。この羽毛にも小さい穴が3か所もあいていました。

 

これを知らずにクリーニングに出すとどうなるか。。。それはそれは大変なことになります。

穴が開いているということは、生地が弱くなっているってことですね。この穴をきっかけに、洗濯機の中で生地が大きくやぶれ、羽毛が飛び出す。。。という悲惨なことになりかねないんです。

 

結局、この羽毛はクリーニング(水洗い)はできないという結論になりましたので、この方はリフォームされることになりました。今はリフォームの注文もとても多く、込み合っているので、仕上がりまで1か月ほどかかる状態になっています。でも、まだ、9月のはじめなので、仕上がりは10月初め。なんとか間に合いますね。

みなさんもぜひ、早めの対処をおすすめいたします。

 

PAGE TOP