お孫さんと二人分のまくら

 先日、当店のお得意様のお身内の方が お孫さんとお二人で来店してくれました。

 おばあちゃまの方は枕を調整するときに寝返りが自分ひとりではできないほど、首と肩甲骨が痛い人で、お孫さんは中1なのに、小学生のころから悩まされている肩こり頭痛がひどく、まくらをかって寝られない。という、とても枕をつくるのに難しい方たちでした。

 とくにおばあちゃまは、寝返りを私が手を貸しながらしてもらっても あいたたたとおツラい様子なので、何度も微調節をすることがためらわれたので、とても神経を使いました。

 この後整体へ行くというお二人を見送って、ふーとため息をついてしまうほど疲れてしまいました。


 そして、今日。おばあちゃまおひとりで違う用事で来店してくださいました。

 まくらの調節かな?と思ったんですが、手ぶらです。

 どうでしたか?まくら?

 と お聞きするとにっこり笑顔でVサインを出してくれました。


 なんでも ご自分は首、肩甲骨の痛みはとれたし、まくらをかってねれない孫も朝までまくらの上にちゃんと寝れているとか。まくらでこんなに違うものかと思ったと。

とても喜んでくださって、今度は、お嫁さんと下のお孫さんにも。とおっしゃってくださいました。


PAGE TOP