ぴったりまくらだより No.75  まくらの必要性

こんにちは。 岐阜県美濃加茂市 寝具専門店  夢幸望ハヤカワのピローアドバイザー森元です。

 

今日は、まくらのひつよう性について。

 

たまーーーに、「まくらは使いません」と、おっしゃる方がみえます。

 

子供には、正直必要ないかもしれませんが、中学生以上になれば、必ず必要なものです。

 

ひとがまっすぐに立った時の姿勢をみると、首が前に出ています。これは、人間が二足歩行するようになり

 

発達して大きくなった脳を支えるためで、そのために背骨の首部分の「頸椎」は、ゆるやかなS字型を描いています。

 

この頸椎部分(首すじ)の隙間を埋めてあげることができるまくらこそ、安定感のあり理想的なべすとポジションが

 

えられます。

 

そして、東洋医学で 「からだが楽な寝方」といわれている 「横寝」をしたときの肩幅の高さも重要なんです。

 

ただの立方体のまくらでは、首筋の高さと肩幅の高さをつくる事は不可能です。肩幅の方が、断然高いです。

 

そこで、考えられてきたのが、立体的にできたまくらです。部分的に高さをかえることにより、とても複雑な形を

 

しています。

 

まくらは必要です!! ただ、体がむりにまくらに合わせているような物だったら、使っている意味がないものなの

 

です。 まくらは、からだに合わせて作りましょう。

 

 完全オーダーまくらは おひとりおひとり ていねいに1から お店で作成いたします。

 

少々のお時間(30分程度)をいただきますが、大変ご好評をいただいております。

 

もりもとでした。

 

 

 

 

PAGE TOP