2011年

4月

11日

ぴったり枕だより No.15 次の日にお礼の℡が…

こんにちは。夢幸望ハヤカワの森元です。

満開の桜がそろそろ散り始めましたね。今日は朝から嬉しいことがあったので書きますね。

今朝のことです。朝一でお店の電話が鳴りました。

「昨日枕を買ったOですけど」と。もしかして何か不備があったかな?枕が合わないっていう苦情かな?朝一だったので、少しマイナスな事を考えながら受けると、「枕とっても気持ちがいいわ。良く眠れた」とうれしそうなお声でおっしゃってくださたのです。

***************************************************************

「ずっと前にお友達にここの枕合わせがいいわよ。と教えてもらったのを思い出して来たんだけど」と来店されました。肩こりが少しあるといわれたOさんの測定をすると、頸椎のところは、5cmで低めでしたが、後頭部は7cmほどで高めでしたので、低いまくらをベースに調節する旨をおつたえして早速いろいろ試し寝をしていただきました。

2つほど試したところで、Oさんはよくわからないな…とおっしゃいました。こう言われるお客様はおおいんです。でもそれから3ヶ、4ヶと試していくと、Oさんの気持ちのいいもの、欲しいものがだんだんとご本人の中で固まってきたな、と雑談の中で私にもわかってきました。 うちとけてきたのもあって、「大きいまくらはいらないの」「この感触がすき」と思っていることを言葉にしていただけたからです。最初はとまどってみえたOさんでしたが、私のアドバイスもきいていただけ、Oさんのお好きな感触の低反発の枕で、調節の出来る枕に決定しました。

こうしてOさんの枕をきめて、調節をはじめました。横寝の時に低そうにみえたのでサイドを少したして、後頭部を少し抜いて調節しました。

あまり時間がないOさんに最初にお伝えした時間は20分程度でした。でも、出来上がった時はゆうに30分をこえ、12時を回ってしまっていました。私も夢中になりすぎてしまったみたいです。謝る私にOさんは笑顔で「大丈夫」と言ってくださいましたが、反省しました。

******************************************************************-

そのOさんからのお電話だったのです。うれしさひとしおです。その時に説明させていただいた、整圧ふとんのことが気になり、お礼がてら電話をしようと思ったとお話しくださいました。 お客様からの、ありがとう。気持ちいい。良く眠れる。こんなうれしいお言葉はありません。こちらのほうがお礼をいいたいくらいです。

Oさんわざわざお電話いただきありがとうございました。

美濃加茂市 夢幸望ハヤカワ  森元

 

PAGE TOP